腰痛は寒くなるとよけいに起きやすい

各地の山々で雪情報が出て、いよいよ本格的な冬に向かいますね。朝と夜はほんとうに寒くなってきました。

二、三十代はなかったのに、齢と共に肩や足が冷えて寝つけないとか、夜中に肩が寒くて目覚めたままだったりします。

私の場合、子供時代もそうでしたね。戦後の貧しいときで、五歳で母が倒れ、私は栄養失調でした。

チンパンジーでも、六歳までに母親が死ぬと、子供は育たないということを京大が発表していましたね。

それに代わる愛情が誰かによって注がれればいいのですが、私の場合も、ひどかったですね。

子供時代も、やせてどうしようもない少年が、母亡きあと力仕事の手伝いをさせられ、

腰痛でした。

ですから、30・40・50・60代とずっと腰痛持ち。

40、50代のときは朝起きられないことも結構ありましたね。

周囲のものに摑まってやっと立ち上がり、歩きはじめると何とかなるのですが、
ふと不自然な姿勢をして、また痛み始めるんですね。

で、現在は、
過去記事にふれてきた簡単なストレッチとウォーキングで大事には至らないでやっていられます。

サイドバーにもありますが、このストレッチが周囲の筋力を高め、
動くことが出来る元を作ってくれているんですね。

骨は齢と共にもろくなっていきますが、カルシウムを摂取し、
周囲の筋力をつけていくことがとても大事なんだな、
と思っています。

このストレッチは、朝と寝る前が基本ですが、
痛みが始まる頃、
急いで取りかかります。

急に寒くなりますが、
姿勢を正し、両腕を前後に大きく振ってのウォーキングも大切ですね。

これらの組み合わせで、ひどくならずにすんでいるんですね。

では・・
スポンサードリンク

テーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

最新記事
☆首痛・肩こり治療
ブログ主より
腰痛で苦しんでいらっしゃる方は、

思いのほか多いのではないでしょうか?

どのような方法がご自分に一番合っているのか。

よろしければ、どうぞ一度、それぞれのリンク先に立ち寄ってみて、
参考になさってください。
☆安全に改善
Sponsored Links
QRコード
QR